wish

boston-1401217_640Acro Jazz Laboratories の “wish”
以前、動画で知って以来、ずっと、わたくしにとっての運命の土地、Boston を思い起こさせる大切な曲です。

今の夢が具体的な目標となって10年。
今年はわたくしにとって大きな賭けとなる年です。
今日も大雪の中、夢の実現に向けての勉強会に参加するため、朝早く(?)からお出かけです。

わたくしはこの8年半の間、「人生、思い通りにならない、出来ない」、ずっとそう思い続けてきました。
以前、わたくしのサイトの “ 貴女のストーリーをお聞かせください … Your Story * ” のコーナーにご登場くださった、NYCにお住まいのコモンるみさまは、「人生、思い通りにならなくてよかった……」と折に触れて書いていらっしゃいますが、わたくし自身の人生を振り返っても、思い通りにならないこと「だらけ」で、いつも遠回りばかりでした。

それでも、これまでの45年の人生全体を振り返ったなら、いつも回り道や遠回りだらけでも、わたくしの場合、本人があきらめさえしなければ、5年、10年かかってでも、かつての思いを実現出来たり、一度失敗したことにも必ず挽回のチャンスが与えられてきました。
今も、未だ「不遇の身」と言えど、それなりに人生には満足していますからね。
途方もない焦燥感は否めませんが。

だから、今年、わたくしは今一度思いを新たにし、願いをしっかりと心と天に刻み、これからの道をゆこうと決めました。
こんな大雪の日に朝からいそいそと出かけるわたくしを、母は「仕事でもないのに、日曜の朝から一体どこへ?」と訝しげに見ていたようですが(わたくしはいつも行き先を告げないので)、そんなの関係ありません。
大雪であれ、なんであれ、今回の勉強会は、わたくしにとって、あらゆる意味でかなり無理をして参加しているもので、それはなぜかと言うと、今年こそは!! という強い思いがあるからなのです。
身体も決して強くないわたくしが週に6日、固定で外出するのを1ヶ月以上続けるのは本当にしんどい。
(だから、いつも勉強会が終わると速攻で帰ります)
けれど、どうしても今年こそは夢を形にしてゆきたいから。
だから今もこうして雪の中、勉強会に向かっているのですね。

雪のせいで、開始時刻に間に合うかどうか不安でしたが、なんとか電車の乗り継ぎもうまく行って、随分早く会場に到着出来そうです。
今日も一日大切なことを学んでまいります。
今年こそ必ず夢を叶えるために。

滋賀に「夢の翼を得られるまでの間、あくまでも一旦」帰ってきて早や8年半、ここで過ごす冬は今回で本当に最後にしたいです。
そのためにありとあらゆる努力を今年はしてまいります。

昨夜も二度目に寝に入る前、これからのことを思うと不安になったりもしたけれど、おんなじ心のエネルギーを使うなら、ポジティブな方向に使わなきゃ! と、途中で思い悩むのを止めて、「どうかうまくゆきますように…☆」という祈りにかえました。
そしたら安心したのか、それからはすっと寝入ることが出来ました。

人生は一度きり。
後悔だけはしないように。
あれは確か7年前の2月だったかな、お医者さまに重篤な疾患の疑いをかけられ、「もしかして、余命半年……?」と追い込まれたときに必死に考えて出した答え、「最後の最後まで夢をあきらめない」を今一度思い起こし、たった一度しかない2017年を懸命に生きてゆきたいです。

皆様もどうぞ日々ご自分の「本当の思い、願い」を大切になさりながら、過ごしてゆかれてくださいませね。
人生は簡単には思い通りにならない。
けれど、本当に心から一生懸命、それも長い間大切に大切に思い続け、信じ、祈り続けてきたことで、なおかつ、その実現のために不断の努力を長年に渡り懸命に重ね続けてゆくなら、いつか必ずそれなりの形で夢は実現するはずです。
本当に大切なもの・こと・おひとなら、人生をかけて大切に胸に抱き続けてまいりましょう。
天国の門に立ったときに後悔だけはしないように。

貴女の願いがいつかしかるべきときにいちばんよい形で実現しますように。
愛と祈りをこめて。
God bless YOU!

女性起業家の天命実現をサポートするサイキック・リーディングのご案内
サイキック・リーディングやスピリチュアリティに関する読み物
天の御光(みひかり)と共に新しく生まれ変わっていただくためのメール講座
“「内なる愛と共に上質な人生を」と願う貴女のための12のレッスン”
【参加者様募集】 ブログ上での公開セッションを受けてくださる方を募集いたします
【プレゼント企画】 「光の花プロジェクト」
お祈りのリクエストがございましたら
Twitter Facebook Page YouTube 電子書籍
お問い合わせはこちらに記載のメールアドレスからお気軽に、いつでもどうぞ。

広告