祈りについて

pray-1209235_640わたくしにとって、スピリチュアリティの根幹を成すものは、祈りと自らを振り返る時間(内省の時間)です。これなくして、真のスピリチュアルな生き方などあり得ない、それがわたくしが今日までの人生を歩んでまいった中で、経験上得た真理です。そして、今もその確信は揺らぐことなく、これからもずっと終生変わりないと思います。
なぜ祈りが必要か? なぜなら、わたくし達人間は、決して「自分ひとりで、勝手に生きている存在ではない」からです。わたくし達は皆「生かされている」存在であり、神様によって、この世に存在することを許され、この地球上に派遣されてまいりました。決して自分勝手に生まれてきた存在ではない。そこには、この大いなる宇宙の創造主でいらっしゃる the Most High God の思し召しがあって、初めて可能となることです。ですから、わたくし達は、日々、大いなるご存在に感謝し、生かされているこの奇跡を思い、精一杯、今回与えられた生を大切に生きることが求められてくるのですね。
祈りは神様とのコミュニケーションです。祈りを通して天のエネルギーに繋がることによって、「この世的なもの」で心を埋め尽くすのではなく、この世に在りながらも、その時々において「可能な範囲内でよいので」(と、わたくしは思います)、天に在るかのように生きることが大事です。わたくし達は皆聖人君子ではありませんから、いつもがいつも、全てが全て、完全な神の子としての本質100%で生きることは難しいかもしれません。なぜなら、わたくし達人間は皆不完全な存在ですから。でも、(これまた「可能な範囲内でよいので」)出来るだけそう在ろうとすることが大事なのではないかしら? わたくしはそう思います。
祈りを通じて天のエネルギーと繋がり、神様とのコミュニケーションを取ることによって、心に平安がもたらされますし、神様とつねにご一緒に生きることが可能になります。神様とご一緒であれば、それこそ百人力。鬼に金棒です。この大いなる宇宙の創造主が自らと共にいらしてくださるなら、何を恐れることがありましょうか。それほどまでに祈りというのはとても大切なものなのです。
日常的に祈ることが習慣化されている方ならともかく、そうでない方は「祈れって言われても、一体どうやって祈ればいいのよ?」とおっしゃるかもしれませんね。先ほども申し上げましたように、祈りは神様との対話です。ですから、要は神様にお話ししたいことを気軽にお話しになればそれでよろしいのです。
わたくし達が申し上げたことに対する神様からのお返事はすぐに耳に届くわけではありません。けれど、必ず、祈りに対して、神様は後々、何らかの形でメッセージを返してきてくださいます。それは、貴女の心に突然湧き起こる希望かもしれないし、よいアイデアかもしれない。あるいは、突然届く思いがけないひとからのメールかもしれません。また、あるときはシンクロニシティ(意味のある偶然)という形で、他には、たまたま通り過ぎた二人組が話していた内容、ふっと耳に入ってきた言葉が、何らかの解決に繋がるかもしれません。そうやって様々な形で、神様は必ずわたくし達にメッセージを送ってきてくださるのですね。
祈りなくしてスピリチュアルな生き方、人生などあり得ません。スピリチュアルな生き方とは、自らの本質(神の子としての)に近づく旅にほかなりません。そうした旅を歩むには、必ず、聖なる地図とコンパス、方位磁石などが必要です。それらの全てに該当するのが祈り、なのです。祈ることによってわたくし達は天と繋がり、必要なものを与えられ、また、さらに成長してゆくことが出来るのですね。
祈りなくして、魂の成長はあり得ません。この地球上に居るときのみならず、わたくし達という霊的存在が目指すのは、「神の子としての自分にかえること」。その旅路には祈りが欠かせないのです。ですから、どうか、ご自分なりの「お祈りのなさり方(かた)」で構いません、祈る習慣を持ち、それをどうか大事に大事になさってくださいね。
貴女が想像する以上に、祈りがもたらすものは計り知れません。祈りを通じて神様と定期的に繋がり、天の素晴らしい御恵みと共に、素晴らしい「神の国のプリンセス」としてこの世で生きてゆかれてくださいませね。
貴女にいつも神様の祝福がありますように。God bless you! 😊

広告