心ひとつ

valentine-candy-626447_640今日は8月7日。今から9年前の2007年8月7日、それは、わたくしが「それまで何をどうやっても絶対出られなかった実家」をやっと飛び出した日、です。一路、箱根へ。そして、この日からわたくしの新しい人生が始まったのでした。
9年前、やっとの思いで実家を出たはずなのに、今もわたくしはここにおります。あんなにつらい思いをしてやっと出たはずなのに! なぜ、今もここに居るのか? それは箱根時代に出逢った生涯の夢を叶えるため。「夢の翼が備わるまでは」との「期限付き」で、「あくまでも一旦」ここに帰ってきただけ、なんですよね。
その証拠に(?)、ここ滋賀に帰ってきても、滋賀県民なら大多数のひとが持っているであろう「しがぎん」さん こと、滋賀銀行さんの口座は未だ開いておりませんし、それこそ滋賀県民ならほぼ100%近く持っているはずの、地元のスーパー、平和堂さんの「ホップカード」も持っておりません! ここに「あくまでも一旦」帰ってきて8年、今では、地元の平和堂さんで「ホップカードをお持ちですか?」と聞かれることはほぼなくなりましたが。それでも、つい先日、久しぶりに聞かれたなぁ。「ポイント3倍日」とか、全く関係なく、日々お買い物をしているのは、このワタクシです(笑)
そう、「しがぎん」さん の口座も、平和堂さんの「ホップカード」も、意地でも絶対持たないのは、いずれここを去る身であることを未だ固く信じているから。どんなに笑われようが、馬鹿にされようが、それはわたくしがこの8年間必死に貫いてきたこと。2008年の8月31日の夜にここに「あくまでも一旦」帰ってきて、その「一旦」がもう8年になろうとしているけれど、わたくしの中ではなんら変わりないことなのですよね。
わたくし、人生は「心ひとつ」で変えてゆけると信じています。これは MISIAさんの同タイトルのお歌が大好きで、このお歌を聴いてはしょっちゅう勇気と希望をいただいていたから、というのもありますが、サイキック&スピリチュアリストとしては、やはり心の力の持つ偉大さを嫌というほど知っているから。実際、わたくしが9年前の今日、この実家を出られたのも、心の力のなせわざ、でございました。
では、なぜ9年前の今日、わたくしは「それまで何をやっても絶対出られなかった実家」をやっとの思いで出られたのか? それはやむにやまれぬ事情というか、どうしても追いかけなければならなかったもの、があったからでした。当時、それにはどうもタイムリミットがあるような気がして、とにかく必死だったんです。だから、あらゆるーー自らが持つ全ての力を用いて、必死にここを飛び出して。で、箱根まで行っちゃったんですよね。それからの日々は本当に素晴らしすぎるほどで。あの「大好きな箱根時代」があるから、今もわたくしはここで8年間も粘り続けていられるのだと思います。
では、8年間もここに踏みとどまっているのなら、今こそ、もう一度その力を発揮すればよいのじゃないの? ということになるのですが、それにはふかーい訳がありまして。このことについては、可能な範囲内で身近な方にはお話ししてまいりましたが、なかなかそこには複雑な事情があるのです。で、この8年間、ただただた無駄に力を消耗しきってきたわけなのですが、今のわたくしは、もうこれ以上、その力を消耗し続ける事態だけはなんとか避けたいと、定期的にヒーラーさんのお世話になっております。週に一回遠隔でヒーリングをしていただいているの。お陰さまで、ここひと月ほどはなんとか崩れずに居られます。
本当はそうしたサポートを受けずとも、自らの心ひとつで再びここを飛び出してゆければよいのだけれど、8年もここで必死に耐え続けてきて、それだけでは二進も三進も(にっちもさっちも)行かなかったからさ。だから、思い切ってヒーラーさんのお世話になることにしたのでした。
そうは言っても、やはり根幹となるのは、自らの心。心ひとつでここを9年前飛び出せたのなら、もう一度それは出来るはず。ありとあらゆる可能性を追求しつつ、心を大事に育んで、愛で満たして、今度こそ二度とここに帰ってこなくともよいように、思う場所へと向かってゆきたいです。ほんと、二度と帰ってこられなくてもいいからさ。
何事も心ひとつ。心から始まります。今のわたくしは、自らの心が持つ力を今一度信じることが大事かもしれないね。皆様もどうぞ心の力を信じてくださいね。そして、お互い、それぞれの大切な夢を叶えて幸せに生きてまいりましょう。
今日も貴女に神様の祝福がたくさんありますように。愛と祈りをこめて。God bless you!! :D

・・・ ・・・ ・・・

心ひとつ
持ったら 飛び越えていきたいよ
どんなに 傷ついてもいいから
泣かないで 今愛を止めないで

広告