“DANDELION” by A.S.A.P.


You are my dandelion
The days of endless pain
Were the
lessons in life that fate
sent to me
The paths I’m
crossed a long the way
They have opened my eyes
and they’ve opened my heart
For me to become
A very loving special
lady just for you…

— “DANDELION” by A.S.A.P.

・・・ ・・・ ・・・

90年代にユーミンなどのお歌を洋楽として(?)カヴァーして歌う A.S.A.P. という女性ヴォーカルグループがありました。

わたくしはこのひと達の歌うユーミン(の歌)が大好きで、中でも、この “DANDELION” は本当に本当に大好きで、もうそれはそれは好きすぎて、数えきれないくらい歌い尽くしました。

今日、春の道を「ふんふん♪」と機嫌よく歩きながら、なぜかこのお歌を思い出し、と同時に、これまでの自らの様々な想い(これまで本当に大好きだった ” 殿方 ” への想い、ですね☆ あ、これにつきましては、そう数は多くありませんヨ☆)が一気に溢れ出てきてしまって、歯医者さんに到着する頃には、涙々になってしまっておりました (^^;(←単なる「ヘンなひと」である (-_-#) )

でも、ほんと、この “DANDELION” の歌詞がわたくしは大好きで仕方なく。
英語の詩を読んで、感動して泣いたのも、この歌が初めてでした。

「つらい日々も、きっと……、唯一無二のかけがえのないあなたのために磨かれた女性になるための大切なレッスンになる」
そんなふうに笑顔でさらっと言えたら、どんなに素敵だろう。
未だにそう思います。

広告