情熱を注ぐもの

昨年の秋、今の NHK の朝の連続テレビ小説「あさが来た」が始まったとき、わたくしは随分前から今回の主人公に並々ならぬ関心を抱いておりましたので、喜び勇んで見始めたのですね。
でも、そのうち、だんだん、「 "びっくりぽん!" 言わはるのを聞いているうちに、いろいろ出来ることがあるやん!」と、結局視聴時間が惜しくなってしまいまして、早々に見るのを止めてしまったんです。

でも、当然のごとく(!?)、五代才助(ごだい さいすけ、後の五代友厚(ごだい ともあつ))役で颯爽と現れたディーンさま(今をときめくディーン・フジオカさん)にワクワクドキドキさせられ、「こぉんな素敵な方がいらっしゃったのねー!」と少しお熱をあげたものの、それでもやはり「時間が惜しい!」と、ディーンさんのこと、それっきりになってしまっていたのですね。

ところが、先日、たまたま、ネットのニュースか何かで、TBS の「金スマ」にディーンさんが登場されると知り、気になっておりましたわたくし、その後、動画を見て、すっかり目がハートになり、番組内で触れておられた、iTunes 限定配信のディーンさんのお歌 "My Dimension" を Youtube で見て、どっかーん!! と、やられ。

あ、いえ、「どっかーん!! と、やられ」というのは、ものすごーく大きな衝撃を受けたわけなんです。
いい意味で。

っていうか、率直に言って、あまりにあまりにあまりにあまりにディーンさんが素敵すぎて。
もう、完全にノックアウト、でございました。

・・・

わたくしは、もともと、そんなに芸能人さんにハマるわけでもなく。

まぁ、もう随分昔に俳優の谷原章介さんが突然ご結婚なさったときは、それなりに衝撃を受けまして、暫くその現実を認めたくなくて、うつうつと過ごしておりましたが、今回のディーンさんとの「出逢い」は、おそらく、これまでにないほどの衝撃を受けたケースでございまして。

これまでわたくしの身近にいらっしゃった、ジャニーズさんのタレントさんがお好きな方や、あるいは、韓国のスターさんがお好きな方のことを、正直、どうしてそこまで情熱を傾けられるのか、甚だ不思議で仕方がなかったのですが、でも、今回、わたくしはディーンさんの "My Dimension" の Music Video にとてつもなく大きな衝撃を受けて、で、初めて、そうした方々の心境が少しだけわかったような気がいたしました。

もう、なんと申しますか、ものすごい、コペルニクス的な大転換、なのですよね、きっと。
ものすごーく好きな芸能人さんに出逢うってことは。
生活が根底から覆されてしまうほどの。
それはそれは、ものすごい影響力があるのだ、と、今回、ディーンさんの "My Dimension" の Music Video を見て、初めて実感したのでした。

・・・

とは言え、そこまでの衝撃を受けても、何て言うのでしょう、所謂、大勢のファンの方々のように行動しないところがわたくしのあまのじゃく的なところでございまして (^^;

何を偉そうに!! とお叱りを受けるかもしれませんね (^^; でも、今回、ディーンさんのあまりの素敵さに惚れ惚れしまして、で、その結果、強烈に思ったのが、自分を磨かなきゃってこと。
あと、これまで以上に自分の仕事に精を出そうということ。

つまり、こんなにも素敵な方がこの世の中にいらっしゃるのなら、わたしも少しでもこうした方に近づけるよう、自分は自分の道を精一杯頑張りたい、世に煌めく方々は沢山いらっしゃるのだから、わたしはわたしの分野で精一杯頑張って、そうした方々に少しでも近づけるようになりたい!! ということ、なのです。

なので、他の「この方はまるで王子さまのような方だなぁ♪」と、なんとなく、そのお姿と歌声と音楽にときめいていた方(敢えて、お名前は出しません)のライヴには行きたいなぁ!! と思っても、もし、ディーンさんのライヴがあったとしたら、逆にわたくしは行かないんじゃないかな? そう思います。

本当に本当に好きな方って、何て言うのでしょう、そう気安く近づけないじゃないですか? 
わたくし、そのへんは極度にあまのじゃく、なんです。

もっとちゃんとした形でお逢い出来るような、それほどの自分になっていないと、逢えない、っていうか。

いえいえ、勿論、国際的なスターでいらっしゃるディーンさんに、いつか個人的にお逢いできるだなんて、そんな滅相もないことを言っているわけではありませんよ (^^;
 
でもね、本当に大切な方は――、何て言うのでしょう、「とっておきの形で」、お出逢い出来ればなぁ、って思うじゃないですか?
 
だから、せっかくライヴ等で「(たとえ観客のひとりとして、遠くから)お目にかかる機会が今後もしあるのだとしても」、その時の自分が、それまでで最高の自分でないと嫌、なんです。

ええ、もう、それは完全な自己満足の世界です (^^;

その他大勢の聴衆の中のひとりであったとしても、その場に居る自分は、「逢いに行った方」に恥じない自分でありたい。

だから、今のわたくしでは、とてもじゃないけれど、まだまだ、って思えて仕方ないから。
今は、大切な憧れのディーンさんのライヴがもし近場であったとしても、それには行けないっていうか。

でも、そこまでものすごく思い入れがあるわけではない方(なんて失礼な言い方! ファンの方、ごめんなさい。本当にごめんなさい m(__)m )のライヴなら、気軽に行けちゃうんですよね。
チケットが当たるかどうかは別として。
ディーンさんほど、重大過ぎるほどの思い入れ(!?)がないから、気軽に音楽を楽しめに行けちゃう。

でも、今のわたくしには、とにかく「ディーンさまさまさまさま」だったりするので、そこまで思い入れのある方には、そう気軽に「お近づきになんて」なれやしないよって話、なのです。

・・・

そう、結局、わたくしはどんな分野の方でも、やはり、その方ご自身の生き方やお仕事に対するお考えなんかを、どうしてもチェックしてしまうんですよね。

お相撲さんの白鵬関が好きで、なんかあったらしょっちゅうファンレターをせっせせっせとお送りし続けているのも(あ、でも、お便りをお送りするのは場所毎に、とか、そんな感じですよ (^^; ひとつの場所が終わったら、「おつかれさまでしたー」って感じでお葉書を出す)、白鵬関がとても真摯にお相撲に向き合ってこられたことを、何かのドキュメンタリー番組で拝見して感動し、それ以来ファンになったからなんです。

結局は何をなさっておられる方でも、わたくしは、その方のひととなり、ものの考え方に、心引かれるんですよね。

まぁ、谷原章介さんは、完全にまず外見から入りましたが (^^;

・・・

ディーンさんも、とてもお美しいお顔立ちでいらっしゃること、爽やかな好印象の男性でいらっしゃることは言うまでもないことなのですが、それ以上に、わたくしはあの方のお志の高さに心引かれるのです。

そして、とっても多才でいらっしゃること、国際的なスターさんでいらっしゃるのに、気さくでいらっしゃること、などなど、やはりお人柄が素晴らしいなぁ、と思うから、だから、とっても憧れてしまうわけなんです。
年甲斐もなく (^^;

まぁ、お顔立ちが好み、というもの当然ありますが。
でも、それだけでは絶対ナイです。

だって、お顔がきれいな……というか、整ったお顔立ちの男性は、それこそ芸能界、山ほどいらっしゃるじゃないですか? 

でも、ディーンさんはとっても個性豊かだし、何よりも視野の広さ、視点の高さが素晴らしいと本当に心から思うから。

だから、やっぱり、素敵!! となるのですよね。

・・・

今のわたくしがディーンさんのご存在と同じくらい情熱を注ぐもの、それはやはり自分自身の仕事、です。

2月になって、立春が過ぎ、そして、明日、8日(月)はいよいよ旧暦のお正月、お元日。

そうそう、先程、またまたディーンさんの Twitter を拝見したら、もう既に新年のご挨拶を出しておられました♪
とってもかわいいおさるさんの画像を使って。

中華圏に向けてだからだろうなぁ、きれいな赤というか、あれは朱色? とでも言うべき? 所謂「中国のおめでたい赤の色」を使った、とってもかわいいおさるさんの画像♪

――でね、えっと……話は戻って、そんなふうに、どんどんこの2月は目に見えない気の流れも新しくなっていっているでしょう? 

わたくしは2月2日から、こんまりさん こと、近藤麻理恵さんのご本に基づいて、所謂「断捨離」も始めていて、大好きな、まるで花嫁衣装のように大切にしていたお着物も思いきって捨てちゃって、他にも、持っていたお着物、帯、足袋等をほぼ全部捨てちゃって。

今、手元に残っているのは紺地のさくらのお着物だけ。
他にも本、書類など今、せっせせっせと、どんどん捨てていっております。

それもこれも全部、人生を根底から変えたいから。
そして、一日も早く身軽になって、ここ、実家を出たいから。

もう本当に――、その気持ちは、エヴェレスト級、なんです。

他にも、背水の陣を敷くっていうか、もうどんどん自分を追い込んで、今年こそ大きな飛躍を!! って、真剣に思っています。

追い込まないと、底力を発揮できないだろうし。

でも、そんなときも、ディーンさんの "My Dimension" を繰り返し繰り返し聴いて(今日だけでも何十回と聴いている☆)、パワーをいただいております。

・・・

思いにはパワーがあるから、当然、情熱を注ぐものというのは、それなりに人生に大きく作用してまいります。

今のわたくしは、とにかくディーンさん、そして、自分の仕事。
あとは断捨離。

2月はそれだけでもう終わってしまいそうです。

でも、ディーンさんしかり、自分の仕事しかり、情熱を注げば注ぐほど、必ず、それは何らかのいい作用を、我が人生にもたらしてくれると思うの。

もっとも、手の届かない遠いスターさんでいらっしゃるディーンさんは永遠に遠い存在なんだろうけれど、それでも、そうした煌めく方に少しでも自分が近づきたいと思って、自分を向上させてゆけるなら、それだけでも本当に素晴らしいことだし。

それに、自分の仕事も、これまでにないほどに情熱を注いだら、きっとそれだけのリターンがかえってくると信じています。

そのために必要なリスクも、既に、ある程度とっているわけだからね。

思いを注ぐものは、人生を大きく変えてゆく。

それが素敵なもの、素晴らしいものであればあるほど、生きる力となって、自らを支え、のばし、更なる高みへと引き上げてくれる。

つくづく、そんなことを "My Dimension" を見る度に感じさせられております。

・・・

そうそう、自分よりうんと若い素敵な方に心ときめくというのは、それだけでも随分と人生に明るみをもたらしてくれるものですよね。

四十路も半ば近くになると、ともすれば、もう老年の感覚さえ、自分の人生に大きく影響を及ぼしつつある。
親が70前後になってくると、どうしてもそうなってきてしまうんです。
そうなると、「人生、儚いなぁ」っていうか、「あとは老いる一方だなぁ」だなんて、ちょっとしゅんとしちゃったりもして。

けれど、まだまだ35歳とお若いディーンさん、そんな素敵な方のお姿を日々拝見しているだけで、なんだか気持ちも若返るような (^^; 

林真理子先生が今、毎日新聞の朝刊に連載されている介護をテーマとした小説を読んでいると、自分がそっちの世界にただひたすら向かっているように感じることもあるのだけれど、でも、そこにディーンさんの "My Dimension" を持ってくると、9年前の箱根時代のことなんかが懐かしく思い出されたり。
「30代、若かったなぁー」って、しみじみ思います。

ただひたすら老けゆくおばさんにはなりたくないもん。
ってなことで、仕事の合間合間を見繕って、少しずつ、走る練習も引き続き続けてゆきたいです☆

・・・

なんやかやと、今回の記事、結局のところ、ディーンさんがいかに素敵でいらっしゃるか! という文章になってしまいましたが (^^; 

とにかく、情熱が全てです。
情熱が人生を変えてゆきます。

熱烈に心引かれるものを上手に人生のカンフル剤としつつ、この2月も前を向いて、自分を信じて、頑張ってゆきたいです☆

皆様もどうぞそれぞれに心ときめくもの、情熱を注げるものを大事になさってくださいませね。
きっとそうしたものは、貴女の人生を明るく照らしてくれるはず。

なんだって、好きなもの( or ひと・こと)は、素晴らしい!
心ときめくものを適度に楽しみながら(のめり込み過ぎてはいけない)、人生、喜びを大事に、これからもまいりましょうね。

God bless you!

広告