なにかを選ぶときに

なにかを選ぶときに、「なんだかワクワクする、いい感じがする、フワーっと明るくなる、気持ちが乗る」というような、心が「快」になることだけを選び、逆に「なんだかモヤモヤする、違うような気がする、憂鬱になる、気が乗らない」と感じることは、どんな理由であろうと選ばない、これを徹底するだけです。
日常の些細なこと、たとえばそれに参加するかしないか、右へ行くか左へ行くか、今日やるか明日やるかなど、すべてにおいて、それを考えたときに心が明るくなる、気が楽になるほうを選ぶのです。

『出逢う力 世界を動かす神秘のルール』 浅見帆帆子(あさみ ほほこ):著 宝島社 2015年 135ページより

広告