「自分を大事にする」とは「エネルギーの無駄遣いをしないこと」

皆様は常々ご自分の “目に見えないエネルギー” の総量をちゃんとはかっておられますか? 感じておられますか?

わたくしは今年でサイキックに目覚めて10年目に入るというのに、やっと最近になって、漸く、自らのエネルギーの総量に注意を払うようになってまいりました。

と同時に、いかに今まで自らのエネルギーをダダ漏れさせ、激しく無駄に使ってきたことか、と、今更ながら青ざめる思いです(-_-;) 

・・・ ・・・ ・・・

いつも自らの “目に見えないエネルギー” の残量がどれほどのものなのか、敏感になるにあたっては、わたくしのように普段から霊的な感覚が非常に活発に動いておられない方でも、全然大丈夫です。

自分が元気かどうかは、どなただってそれなりにおわかりになるでしょう?

わたくしが言いたいのは、そういうこと(^^)d

いつも出来るだけ自分が元気にいられるように、常に自らの状態に注意を払い、無駄なエネルギー漏洩(ろうえい)を極力少なくすることが狙いです。

・・・ ・・・ ・・・

でも、ここで言うところの「エネルギーの無駄遣いを出来るだけなくす」とは、何も、普段から出来るだけ動かず、のうのうと好き勝手に暮らしてください、という意味ではありません。

頑張って動かないといけないときは人生山ほどあるし、
日々、家事をして、身の回りのことをして、通勤し、買い物にも行き、家族ひとりひとりの様々な用事を片付け、その上で育児もし、お仕事もされている……だなんて、
超スーパーウーマンでいらっしゃる、世の働くお母さま方からすれば、それこそエネルギーはいつも使いっぱなしですよね。

だからこそ、こういった方々は日々の睡眠や食事、休息が大事になってくるのですけれども。

ここでわたくしが言う「エネルギーの無駄遣い」とは、
自分の力ではどうしようもならないことや、
何かものすごくネガティブな事象にとらわれて
無駄なたたかいをしたり、必要以上の気配り等をするべきではない、ということ。

例えば、とても疲れているときに、敢えて重い社会問題を取り扱ったドキュメンタリー番組を見て、さらに激しく疲れてしまうとか、
いつもどなたに対しても不機嫌で、いつも喧嘩を吹っかけてくるような方のご機嫌をとろうと、ひたすら気をつかって、心を砕いて……、といった、
そんな努力をする必要はないよ、と。

そういった意味での「エネルギーの無駄遣い」です。

・・・ ・・・ ・・・

何を言っても文句しか言わないひと、とか、
いつまでも話が一方通行でしかないひとに、
必要以上に気をつかって、優しく優しく接しようとしても、
かえってますます相手は怒る一方で、どうしようもない、とか。

そういったときは、ある意味、クールな大人の対応をしてですね、必要以上に自分をへりくだったりしない。

わたくしは、こういう意味での非常に無駄なことを、これまでの人生、数限りなく繰り返してまいりました。

その結果、自分が激しく落ち込み、出口の見えない関係に途方に暮れたことも。

でも、そういう方は、もう誰が何を言ってもいつも不機嫌だったりするのですから、どうしようもない。

それはこちらの問題ではなく、その方自身の問題です。

そういうときは、俗に言うところの大人な対応をしてですね、必要以上に関わらない。

心を閉ざしてはしまわないけれど、
知らない方が訪ねてこられたときは、チェーンをかけた状態で、
ほんの少ししか玄関のドアを開けないように、
心を開くのも必要最小限、ほんの少しだけでいいんです。

あとは、こちらにどんな石やごみ、時には爆弾さえ投げてこられるかもしれないのですからね。
極力「ドアは開かない」。

誰が何を言ってもいつも不機嫌でいらっしゃるような方に対しては、そういう対応でいいんだよ、ってことが、やっとこの歳になって漸くわかってきたのです。

ああ、なんとこれまで果てしなく無駄なエネルギーを費やしてきたことか。

・・・ ・・・ ・・・

これは、何もおひとに対してのみとは限りません。

前述のように、心に取り入れる情報について注意を払うことも、非常に重要です。

社会の現実から目をそらし、頭がお花畑状態で生きてゆけ! などとは申しません、

でも、例えば、
朝起きてすぐにテレビをつけて、悲惨な事故現場の映像を見る必要があるでしょうか?
あるいは、貴重なお昼休みに、しょっちゅう、惚れた腫れた、よよいのよい♪ だなんてことを繰り返していらっしゃるような芸能人さん(皆が皆とは申しませんが、中には恋多き方がいらっしゃるのも事実ですよね(^^; )のゴシップに付き合う必要があるでしょうか?

例えば、この度、タレントのベッキーさんが何やら騒動になっていらっしゃいますが、
当のご本人様や関係者以外の方にとっては、この度のことは、直接自らの生活には関係のないことでしょう?

それをどうのこうの、ああだこうだ、と、わざわざ自らの土俵にあげて、
まるでそれで日頃の鬱憤を晴らすかのように、
ベッキーさんやお相手の方の悪口を言うのは、何か違うのでは? と。

もっとも、彼女が今回とった行動には、タレントさんとしての責任とご自覚に欠けていらっしゃる部分があったかもしれない。

でも、それこそ、彼女の熱烈なファンの方なら、ご自分の日常にも影響はあるかもしれませんが、
世の大半の方が、ただの野次馬的な感覚で、好きなように彼女やお相手の方を批判・非難しているだけなのではないでしょうか?

おそらく、いちばん被害を被っておられるであろう、お相手の方の奥さまや、そのお身内の方、お友達の方なら、それこそ目をひんむいて怒っても仕方がないのでしょうが。

わたくし達一般大衆においては、彼女のスキャンダルなど、ある意味、どうでもいいこと。

それに日本中がこぞって参加するのはどうかなぁ? と思うのです。

これも立派なエネルギーの無駄遣い。

喧嘩両成敗どころの話ではありません(苦笑)

・・・ ・・・ ・・・

(だなんて、偉そうなことを言いながらも、わたくしは意外と(!?)芸能人さんの恋模様には結構詳しくて、昔々、どなたがどなたとお付き合いなさっておられたとか、無駄に記憶力がよかったりします (^^; 今も、おうちでお仕事をしていて、一息ついたときなんかに、テレビを見ない分、つい Yahoo! ニュースでそうした情報を仕入れてしまったり f(^_^; )

(それに、いちばん好きな男性芸能人さんの谷原章介さんが、かつて電撃結婚されたときは、ファンのひとりとして、まぁ、そりゃ、奥さまに激しい嫉妬(?)をいたしましてですね、奥さまの何かよくない情報はないものか? と、よくネットを徘徊しておりましたもの (-_-;) )

(だから、本当はね、こんな偉そうなこと、言えないのですが…… (^_^;) )

・・・ ・・・ ・・・

とにかく、ご自分の中にあるエネルギーの量はいつもそれなりに限られています。

もちろん、わたくしが信じるところのスピリチュアリティにおいては、
わたくし達人間は本来、天の無限供給のエネルギーに繋がっている……とは申しますけれど、
それでも、いつも自らの中にあるエネルギーはfullではないはず。

勿論、100の日もあるかもしれないけれど。
でも、それこそ、日によっては70、80、
時には20とか10にも満たない、限りなく低い日もあるでしょう。

そんなふうに波があって当たり前の “目に見えないエネルギー” だからこそ、
つねに自らの状態に心を配り、
どうしようもないことや、どうでもいいことなんかに無駄にエネルギーを使うことはないのです。

貴重なこのエネルギーはもっと大切なことに使わなきゃ。

そうでないと、いざというときに踏ん張れなくなってしまいます。

・・・ ・・・ ・・・

今回は “目に見えないエネルギー”、いわゆる “気” についてのお話をいたしましたが、これって、時間の使い方にも置き換えられますよね。

一日は24時間、限られています。

これに関しては、どんなにお金持ちの方も、そうでない方も、平等。

その貴重な限られた24時間をどのように使うかによって、人生、大きく変わってくるでしょう?

テレビをボーッと見て、おかしばっかりボリボリ食べていたら、そのような人生になるのだろうし、
そうではなく、お仕事をして、寸暇を惜しんでお勉強もして、日々美しくあろうと努力して、ファッションにも気を配り、様々なおひととの交流を大事にして、つねにステップアップを目指していれば、上へ上へとあがっていくことも出来る。

まぁ、ひとさまの人生はその方ご自身のものですから、他人がつべこべ、どうのこうの言うものではありませんけれどもね。

でも、自戒をこめて。

自分が選んだ時間の使い方がそのまま人生そのものに繋がるということ、
そして、死んだときにどれだけ後悔しても、誰もその責任はとってくれないのだということ。

このことについては、この年頭にあたり、改めて肝に銘じたいところではありますよね。

・・・ ・・・ ・・・

世の中には「人生、金稼いでこそ、なんぼのもんじゃ!」という風潮もあるのかもしれませんが、
結局のところ、”目に見えないエネルギー” や、時間といった目に見えないものこそが本当に貴重かつ大事にすべきもの、なのでしょう。

これら貴重なリソースを大事に、自分を粗末にせず、大切にこの2016年も歩んでまいりましょうね。

何事も小さな積み重ねから。

無駄を出来るだけなくし、自分と時間を大切に生きてまいりましょう。

全てがよきに流れますように。
そう願うからこそ、日々の心がけを大事にしてまいりましょうね。

God bless you!

愛をこめて。

璃いより。

広告