暖かなおくるみで優しく包んであげる

ここのところ、わたくしのエネルギーは乱れも乱れ、大乱れ。イライラも相当ひどく。もともと狭量で、すぐに ぷんすか してしまう(そして、所謂「瞬間湯沸し器」の家族を持つという悪い因縁もあったりする (-_-;) )わたくしは、こうしてエネルギーが乱れ始めると、なかなかなおさまりません。瞑想をしても無駄、聖句を読んでもその場しのぎ、お祈りをする心の余裕はとてもじゃないけれど全くなし。落ち着いてお茶など飲んでみるも、落ち着くのはいっときだけ。といった具合で、まぁ、えらいこっちゃ。ここ3日ほど、かなり荒れに荒れております。
こういった自らの至らなさをひとさまにお見せするのは「恥」と心得ているにも関わらず、爆発しそうな感情を持て余し気味。昨日はお出かけした先で、軽く喧嘩をしてみたり。(御担当者様、ごめんなさい、です (>__<)o ))) となってしまいがち、だったりするのですが。でも、昨日も帰り道、ひとり、急ぎ、歩いていて、こんなふうにイライラがひどいのは、何かに対して怒っているということ、その怒りの奥底には本当は悲しみがあるはず、で、ここ最近、泣き虫のわたくしにとって十八番の「泣いて浄化」をやっていないなぁ、だから、こんなふうにいろいろとたまってしまっているのかなぁ、だなんて思ったりもしたのでした。
ま、とにかく何をどう言い訳しようが、いい年をした四十過ぎの大人が、ましてや、こうしたお仕事をさせていただいている身であるわたくしが、お外で軽く喧嘩をするなど言語道断、お恥ずかしいこと限りなく、でございます。焦る気持ちや、必死になりすぎるあまり、余裕がなかったりするのは事実ですけれども、出来るだけ、この三連休は(って言っても、あと一日半ほどなのだけれど)、自分を暖かなおくるみで優しく包んであげて、心の痛みを少しでも解消していってあげたいです。
皆様も、何かイライラしてしまいがちだなぁ、といったことがおありなら、どうぞ、ご自分を優しく暖かなおくるみでそっと包んであげるイメージをお持ちくださいね。そんなふうに思われるだけでも随分違うと思います。そして、これは自分(=わたくし自身)への言い訳にはなってはいけないのですが、そんなふうにイライラなさるようなときは、何かどうしてもそうせざるを得ない、時の運、というか、目に見えないエネルギーの流れがあるのかもしれません。だから、そんなふうにイライラなさってしまわれるご自分を必要以上に責めないでらしてくださいね。失敗も、そうせざるを得ない、何か、スピリチュアル的な理由があるのかもしれないのですから。もし、イライラしてしまったときは的確な反省は必要、でも、ご自分を必要以上に責めたりなさらないでくださいね。そんなご自分を優しく暖かく包んであげてくださいね。愛をこめて。

広告