どんなときも神様は貴女のすぐそばにいらしてくださいます/精一杯生きる

先日、たまたま出かけたある場所でご一緒した女性の方。ひょんなことから、なぜか、その方の身の上話を伺うこととなり。その方は、これまで、いろいろとおつらいことが続いていらっしゃったとのことでしたので、思わず、その直前に訪れた神社さまで購入させていただいた御守りをおひとつ差し上げまして。わたくしも人生、絶望だらけだったことを申し上げた上で、「でも、きっとまたよいことがありますよ」とお話ししましたら、少し笑顔になっていただけて。ほんのつかの間の出逢いでしたが、わたくしにとってもなんだかとても意味のある時間となりました。
そして、今日。たまったメールのお返事をおひとりおひとりに返させていただいておりましたその中で、ある方が、間もなく訪れる人生の節目に関して、先が見えない……といったようなことを書いておられましたので、「きっと神様がよくしてくださいますよ」といった意味のことを書かせていただき。この方にとっても、少しでも何か、わたくしが返させていただいた言葉が、支えとなりますよう、心からお祈りするものであります。
まだ11月、今年を振り返るには少し早いけれど、でも、今年もなかなかにわたくしにとってチャレンジの多かった一年でございました。そして、何よりも、やはり「信じる」ということを徹底的に試された日々だったように思います。
つい先日の札幌マラソンに出かける前日の夕方、直前も直前になって突然「行けなくなり」、それからしばらく落ち込んでおりましたものの、ほどなくして、神様は、わたくしに、2007年、サイキックに目覚めた年以来の非常に大きなご啓示をくだされました。それは、うつうつと過ごしていた土曜日、でも、思いきって、「いつもの、大きな空が見える場所まで歩きに行こう」と夕風のつめたい中、出かけた先でのことでした。以来、約20日。どんどん運命が新しい方向へと動き始めているのが、自分でもよくわかります。
札幌マラソンには本当に本当に行きたかった。参加したかった。走りたかった。そのために、特に8月以後、一生懸命、暑い中、練習を積んできたんです。それが、前日の夕方になって突然足が痛みだし。これはどう考えても今回は行くな、ということだな、と判断したわたくしは、泣く泣くホテルをキャンセルし、札幌でお逢いする約束をしていた方にお詫びのご連絡を入れました。翌日は、まるまるふて寝。そしてその次の日、滋賀県の最北端、余呉の町をひたすら自転車でぐるぐる。そうして、なんとか気を持ち直しまして。そしたら、それから10日ほどして、新しい運命がやってまいりました。これは、わたくしにとりましては、全く思いがけないことでした。今の NHK の朝ドラじゃないけれど、まさしく「びっくりぽん」な出来事だったのです。
いつも運命は、その時点においては、なぜそういったことが起こるのか、わからないものです。わたくしも、一応、曲がりなりにも札幌マラソンに向けて準備してきたわけですから、それに行けなかったのは、かなーりショックもショックな出来事、でした。でも、神様は、そうすることによって、わたくしに新たな道をお示しになられたのですね。あまりにもここ最近「札幌、札幌!!」ばかり申しておりましたわたくしに、「貴女が本当に目指すべき場所はこちらでしょう!」とおっしゃった。で、今、わたくしは軌道修正しまして、新たなシーンを目指しております。これは、自分でも全く予想だにしなかったことでした。
でも、今回、神様は、もともとわたくしが心に思い描いていた場所を改めてお示しになられただけのこと。だから、わたくしも素直にそちらの道に進むことに決めたんです。怖いし、不安だらけだし、札幌よりもうーんとハードルが高いけれど。でも、神様が進め、とおっしゃるのなら、何を躊躇うことがありましょう。そんなこともあり、少し、心に余裕が出来た、というか、一回り大きくなれた、とでも申しましょうか。ううん、それは違うな、より一層腰が座った、とでも言うべきかな。なんだか、そんな感じです。
わたくし達が歩む人生の道は、いちどきには全部は見えない。歩む度に、少しずつ、少しずつ、そのちょっと先が見えてくる。だからこそ、ひとは不安にもなるし、疑心暗鬼にもなるし、時に自暴自棄にもなるんですよね。でも、きっとね、どんなことがあっても、大丈夫、なんです。神様と共に居れば。どんなときもきっと神様がご一緒してくださる。そう思えば、少しは心も落ち着いてくるのではないでしょうか?
先程メールで「きっと大丈夫ですよ」とお返しした方のお気持ち、本当はわたくしだってひとごとではありません。新たなご啓示をいただいて、まずは年末に向けて、これをしよう! と決めて、取りかかり始めたばかりのわたくしも、もし、また今度もうまくいかなかったら? と思う気持ちがないといったら嘘になります。でも、今は、どうのこうの言ってないで、出来るだけのことをしよう、先々のことをいろいろと思い悩む時間と暇があったら、その分、今出来ることに力を注ごう! そう決めたから。結果は後からついてくるもの。勿論、思い通りに行かないことのほうが多いのが世の常だけれど、でも、予想以上にことが運ぶことだってたまにはあるし(←相変わらず、おめでたい(笑))、それに、なんと言っても、成功を信じて、前向きにひたすら努力を積み重ねることではじめて、結果は出るものですからね。不安があるなら、手を動かせ、頭を働かせ。それが今のわたくしのモットーです。
人生、うまくいかないことだらけ。それはみんな一緒です。でも、たまに訪れる人生のきらめきに魅せられるからこそ、さらによりよい瞬間を求めて、ひとは皆前を向き、上を目指すのではないでしょうか? たった一度きりの人生、結果を恐れて縮こまっていては勿体ない。下を向いて、棒切れでうじうじ○や×、□や△を書いてる暇があったら、その分、いろいろなことが出来る。生きてりゃ、いつか、みんな死ぬ。だからこそ、後悔だけはしないように。出来るだけのことをして、精一杯生ききりたい、そうわたくしは思うのです。
その結果、どうなるかは後のお楽しみ。どんなときも神様が暖かく見守っていてくださる、こんなわたくしをも愛していてくださる、神様は本当に優しい愛の御方、天は慈愛に満ちている。そう信じて、心から信じて。そんなふうに生きるところにこそ、生命の輝きは宿るのだし、また、奇跡も起こるのではないでしょうか? 
一度きりの人生、精一杯生きましょう。生かされているうちは、精一杯生きましょう。神様は貴女から片時も離れることなく、いつもすぐそばに暖かく存在してくださいます。神様の愛とご加護とお導きを信じて。この世に生きている間に与えられた使命を実現すべく、命の光を精一杯輝かせて、美しく、立派に、そして、何よりもご自分にとって誠実に、生きてまいりましょう。God bless you! :D

広告