「よく見なさい。見て感じるのが勉強よ」

「よく見なさい。見て感じるのが勉強よ」
そう先生が言うように、手順を間違いなくするだけでは、見えないものがあるのだった。決まりどおりのお点前にも、単純なおじぎにも、人の体の動きにはその人の「空気」があった。体の動きは、それ以上の何かだった。

『日日是好日(にちにちこれこうじつ) 「お茶」が教えてくれた15のしあわせ』
森下典子(もりした のりこ):著
飛鳥新社 2002年
74ページより

広告