人生のすべては、その価値にふさわしくととのえられていくのです

その『ほんとうの価値』に揺るぎない信頼をよせ、雨のなかで、風のなかで、ときに嵐のなかでだって、自分にたいする――いいえ、そのなかの女王様にたいする敬意を握りしめて、抱きしめて、ときに背負って決してはなさずにいられれば、人生のすべては、その価値にふさわしくととのえられていくのです。

『ばら色の人生の扉がひらく7つの魔法』
上原愛加(うえはら)あいか):著
学研パブリッシング 2012年
208ページより

広告