こころの望むようにさせてあげる

他人があなたのことをどのようにあつかおうとも、あなただけは、その価値にふさわしく、自分自身をたからもののようにあつかってあげなくてはいけません。それは、他人にそうしてくれと求めるということではなく、そのあつかいに屈しないという姿勢を凛と示すこと――抗議するのではなく、"胸をはって、堂々と!" こころの望むようにさせてあげるということです。

『ばら色の人生の扉がひらく7つの魔法』
上原愛加(うえはら)あいか):著
学研パブリッシング 2012年
98~99ページより

広告