自分の心に響くもの

これからは、様々な情報や物、出来事に出会ったら、自分の心に響くものが自分にとって真実であることをつねに意識しながら、進んでいくようにすると素敵だと思います。それは、進むごとに光で照らされ、力強くなっていく魂の物語です。

『聖なる母性より愛をこめて』 
姫乃宮亜美(ひめのみや あみ):著
飛鳥新社 1996年
153ページより

広告