愛することは生きること

幸せになりたい。みんなもそうであるように、私もそう思って生きている。
結婚だけが幸せだとは思わないけれど、そのひとつにはまちがいない。でも、もっと厳密にいうなら、誰かのことを愛して、そして愛されていれば、それはとても幸せなことなのだと思う。愛することは生きること。大げさだけど、きっとそういうことなのだと思う。

『愛は誰のものでもなく』より「KOHOLA TAIL」
吉元由美(よしもと ゆみ):著 角川文庫 1994年
134ページより

※転載者より:原本においては、この小説のタイトルの「KOHOLA TAIL」の「A」の文字の上に一本横線が入っています。

広告