「ひとと違っていてもいい、野太く生きるぞ」宣言

いま、わたしは「ひとと違っていてもいい、野太く生きるぞ」宣言をしようと思う。「いいひとね」と言われなくてもいい。そういうリスクを引き受けても、自分らしさを取り戻したい。

『あなたは欠けた月ではない』
光野桃(みつの もも):著 文化出版局 2012年
59ページより

広告