“ 貴女のストーリーをお聞かせください … Your Story * ” vol. 2 「自分を信じること、自分で困難を乗り越えてゆこうとする強い気持ち。そうしたものがあったから、ここまで来られたのだと思います。」 ティーインストラクター 前田珠希(まえだ たまき)さん

☆.:★.:*☆.:*☆.:*★.:*☆.☆.:*★.:*☆.:*☆.:*★.:*

“ 貴女のストーリーをお聞かせください … Your Story * ”

ご自分の信じる道を日々懸命に歩んでいらっしゃる女性の皆様、
これまで、その道を歩んでこられた中で、 貴女に訪れた人生の試練について、
また、その試練をどうやって乗り越えてこられたのか、
そのストーリーをお聞かせください。

☆.:★.:*☆.:*☆.:*★.:*☆.☆.:*★.:*☆.:*☆.:*★.:*

こちらの記事にたどり着いてくださいました皆様、ありがとうございます。
“更なる高みを目指す 志ある女性エグゼクティブ” のためのサイキック、夢咲璃い(ゆめさき り い)でございます。

さてさて、先月から始まりましたこちらの企画、2回目の記事のアップが大変遅くなりました。
2回目の記事を心待ちにしていてくださった方々には、お待たせいたしましたこと、お詫びいたします。

本日は、わたくしが20代の頃から存じ上げております起業家の大先輩、ティーインストラクターの前田珠希(まえだ たまき)さんの回をお届けさせていただきます。

208992 103822303094658 177397213 n
ティーインストラクター
前田珠希(まえだ たまき)さん

珠希さんとわたくしが初めてお逢いしたのは、かれこれもう10数年前のこと。
わたくしが当時まだ正社員だった頃のお話です。

その後、大変ありがたいことに今に至るご縁をいただくこととなりまして、今は起業家の大先輩のおひとりとして、お付き合いさせていただいております。

・・・

珠希さんは、わたくしにとって、時に姉のように暖かく見守り、励まし、元気づけてくださる貴重な御方です。

初めてお逢いした頃のことを思うと、今に至るご縁をいただいておりますこと、ある意味、とても不思議に感じます。

・・・

これまで、珠希さんには様々なことをお話しさせていただき、また、様々なことを学ばせていただいてまいりました。

10数年ご縁をいただいていていちばんに思いますのは、やはり、なんと言っても、珠希さんはとてもお強い方だということです。

若輩者のわたくしがこんなふうに申し上げますのは大変僭越ではございますが、でも、スピリチュアリスト、サイキックとしてみさせていただいても、やはり、いちばんに思いますのが珠希さんのお強さ、なのですね。

普段はいつもにこにこと明るく接してくださる珠希さんは、とってもお可愛らしい方です。

けれど、やはり芯はとてもお強くていらっしゃって。

そんな珠希さんとお話しさせていただくだけで、わたくしはいつも元気と勇気をいただくのでございます。

・・・

本日は、そんな珠希さんに、今日までご自分でビジネスをなさってこられた中でご経験してこられたこと、感じていらっしゃったことなどをお伺いさせていただいた内容を皆様にご紹介させていただきます。

今回、こうしてインタビューをさせていただいて、初めてお伺いした内容も多く、改めて、今日まで珠希さんが歩んでこられた道の重さをひしひしと感じたわたくしでございました。

こうして文面にしてお伝えする形では、どこまで皆様にその重みを感じ取っていただけるかどうかわかりませんが、
でも、珠希さんが今日まで真摯にご自分の道をひたすらに歩んでこられた、そのご経験、長い時間とものすごいご努力、そして数えきれないほどの様々な思いがあったからこその、貴重なお話でございます。

皆様にも、きっとお役に立つことかと存じます。

では、以下、どうぞご覧くださいませ。

——————————————————————————————————————————–

【質問 その1】
珠希さんはお若い頃から今までずっと長い間、ご自分でビジネスをなさってこられましたが、これまでの歩みを振りかえられたとき、どのようなご苦労がおありでしたか?

☆珠希さんのお答え
(以下、「珠希さん」とさせていただきます)
これまでわたしが自分でビジネスをやってきた中で様々なことがありましたが、いちばん学びがあったのは、従業員を雇うということにおいて、です。今まで本当に様々なことがありました。経営者として、その都度、気づき、学んだことを自らの糧として、ここまできました。
(お店の)現場に立ち、いそがしい日々を送りながらも、お客さまにどうしたら喜んでいただけるのか、つねにアンテナを張り巡らし、新しいものをご提供し続けてゆくことの大変さ、また、お店を増やし、事業を拡大していく中で、新たな困難にゆきあたったり。時には、人間社会の欲というか、そういったものに飲み込まれてしまいそうになったこともあります。
今まで本当に無我夢中でここまでやってきたので、当然ながら、様々な負担がありました。生活が不規則だったり、プライベートを犠牲にしたり。知らず知らずのうちに緊張感とプレッシャーを抱えて
いたのではないかと思います。

・・・

【質問 その2】
これまでご自分でビジネスをなさってこられた中で、どういったことが珠希さんの励みとなり、お心の支えとなりましたか?

☆珠希さん
ひとに会ったり、電話で話したりすること、友人との会食など、ですね。これまで自分が歩んできた道を信じ、認め、支えてくださった方々とのご縁に本当に感謝しています。そうした方々との交流を通じて、弱音を吐いていてはいけないわ、頑張らなければ、と前を向くことが出来ました。
あと、わたしは踊ることが好きなので、よくそういったお店に行っては、踊っていました。そのお店を通じて、いろんな方に出逢えたのですが、皆さん大人で、プライベートを詮索したりなさらないのです。その場限りの人間関係、でも、それがとっても楽しくって。踊ること自体が楽しかったのはもちろんですが、そこでの人間関係にもとても救われました。そのお店、そうした場があることが気分転換になり、心の支えになっていました。嫌なことをずっと心に引きずらないというか、気分転換をしていく努力というのはやはり必要だと思います。
そして、わたしはいつも自分を信じることをとても大事にしています。ある程度自分でなんとかしよう、そういった思いも強く持ち続けてきました。自分を信じること、そして、自分で困難を乗り越えてゆこうとする強い気持ち。そうしたものがあったから、ここまで来られたのだと思います。

・・・

【質問 その3】
珠希さんがこれまでご自分が歩んでこられた道を通じて学ばれたことについて、お聞かせくださいませ。

☆珠希さん
おいしい話の裏にあるものを必ずちゃんと見る、ということです。表面だけを見ない。ちゃんと裏を見る。後ろを見る。選択・決断するときは、よく考えて。自分以外の信頼出来る第三者に相談にのっていただくことも、大事だと思います。

・・・

【質問 その4】
ご自分で今実際にビジネスをやっておられる方、あるいは、これからしようと思っておられる若い方々に向けて、メッセージがございましたら、お願いいたします。

☆珠希さん
若いって、やはり、すごいことです。若いときにしか出来ないこともありますしね。後悔しないように、やりたいことはやったほうがいいです。
あと、身体を大事に。健康があって、はじめて、やりたいことが出来ます。特に大事なのは食生活、ですね。ちゃんと栄養あるものを規則正しくとるようにしましょう。20代30代の食生活が後々、体に影響してきます。今振り返ると、わたしは、食生活があまりよいものではありませんでした。食生活を大事にしないと、後々どのようなことになるのか、ちゃんと知ってほしいです。
それから、若さゆえの勢いでガンガン進むだけがいいことではないですよ、ともお伝えしたいですね。 ちゃんと日常の当たり前の生活を大切にしましょうね、と。
そして、人間関係も大事です。結局、ひとはひとに助けられることが多いので、出会いを大事に。何年後かに、また、ひょいっと繋がるご縁だってありますし。

・・・

【質問 その5】
ご自身のビジネスにおいて、今後に向けてお考えでいらっしゃることなど、お聞かせください。

☆珠希さん
地元(福井県)で紅茶文化を広げてゆきたいです。地元を離れてしまわれたお客さまもいらっしゃるので、地元にとって活気あるお店のひとつになって、ひとが集まる場所をつくり、地域社会に貢献していきたいです。

——————————————————————————————————————————–

インタビューは以上でございます。

珠希さん、様々にいつもおいそがしくしていらっしゃるところを、貴重なお時間を割いてくださり、インタビューにご協力くださいまして、ありがとうございました。

・・・

さて、皆様、珠希さんのインタビューをお読みいただきまして、いかがでございましたでしょうか?

珠希さんのお話の中にもありましたが、珠希さんは、いつもご自分を信じる、ということをよくおっしゃいます。

どんなときもご自分を信じ、果敢に挑戦を続けてこられた珠希さん。

現在は、ご自分のふるさと、福井県を拠点に、同県内や関西・東海地方等でティーインストラクターとしてのお仕事、他、広く紅茶関係のお仕事をなさっておられます。

・・・

お親しくさせていただくようになってから、珠希さんもわたくしも様々な紆余曲折がございました。

共に夢を語らせていただき、希望をいただき、元気をいただき。

どんなことがあっても、いつも珠希さんはご自分を信じ、その時々の状況において、前向きに努力を重ねてこられました。

そして、時々連絡をやり取りさせていただくわたくしにもそのパワーを分けてくださるのです。

本当に頼もしい、そして、心からご尊敬申し上げる、貴重な大先輩です。

・・・

珠希さんのお人柄、おひととしての魅力は、そのお仕事に如実にあらわれていらっしゃいます。

以前、珠希さんはカフェをやっていらっしゃったこともあって、そこではおいしいスイーツなどをいただくことが出来たのですが、わたくしはいつも珠希さんがおつくりになられるクレープが本当に好きで、好きで、大好きでした。

それは、なんて言うのでしょう、珠希さんテイストと申しますか、珠希さんにしか出せないおいしさがあって、それはクレープだけでなく、他のものをいただいても、いつもそう感じていたのです。

もちろん、他のスタッフさんが心を込めてつくってくださったスイーツや、丁寧に入れてくださったお紅茶など、どれも本当においしくいただいておりました。

でも、やはり、珠希さんだからこその味、というのがあるのですよね。

それを今はわたくしは珠希さんのお茶のブランド、Precious Precious(プレシャス プレシャス)さんのルイボスティーをいただきながら、そうしみじみと思うのです。

珠希さんテイストは、まさに、珠希さんのお心そのもの、真心そのもの、なのです。

・・・

今はティーインストラクターさんとしてご活躍中の珠希さん、前述のとおり、福井県内はもとより、関西や東海地方等で、様々にお教室を展開していっていらっしゃいます。

もし、素敵な珠希さんの紅茶教室がお近くで開催されるようでしたら、是非、一度、皆様もご参加なさってみてくださいね。

そうすれば、きっと、皆様も、ひまわりのような明るさと、ガーベラのような可憐さをお持ちの珠希さんワールド、そして、とっておきの珠希さんテイストに、魅了されてしまわれることかと存じます。

・・・

改めて、今日まで至る大変貴重なご縁をいただいておりますことに、心からの愛と感謝をこめて。

珠希さん、この度は本当に、本当に、ありがとうございました。

これからもどうぞよろしくお願いいたします。

そして、この記事を最後までお読みくださいました皆様、心より感謝申し上げます。

ありがとうございます。

・・・

ティーインストラクター 前田珠希(まえだ たまき)さん

オリジナル紅茶ブランド Precious Precious (プレシャスプレシャス)御代表

1997年、クレープと紅茶の専門店を御開業、
2002年より、紅茶の輸入・オリジナル紅茶の製造と販売を開始され、
2008年からは紅茶教室、紅茶に関するセミナーを始められました。

現在は、「お茶は人とひとをつなぎます」をテーマに、ひとりでも多くの方に一杯のお茶がもたらす幸せな時間とおもてなしの心を届けたいという想いから、紅茶教室をなさったり、また、様々なジャンルの方々とご一緒にイベントを開催なさっておられます。

ご連絡先:office [atmark] gmt-tea.com
☆メールを送られます際は、[atmark] を @ に置き換えてくださいませ。

・・・

☆ ” 貴女のストーリーをお聞かせください … Your Story * “ の ご紹介記事一覧 は こちら でございます。

☆ ” 貴女のストーリーをお聞かせください … Your Story * “ の ご投稿募集 に つきましては、こちら を ご覧くださいませ。

広告