人を助けるときは

人を助けるときは、そうしたいという自分の純粋な動機によって、報酬を期待せずに心から愛をもって助けるようにしましょう。
自分はどういう助け方をしているのか、その質を調べてみましょう。
自分を大切にしたうえで、心から人を助けると、自分を尊敬できるようになるし、助けること自体が喜びになります。

『心の傷を癒すカウンセリング366日――今日一日のアファメーション』
西尾和美(にしお かずみ):著 講談社+α文庫 1998年
179~180ページより

広告