心の傷を繰り返し語ること

仲間やセラピストなどトラウマを理解してくれる人に、何度も繰り返し話していくうちに、だんだん現在の年齢なりに心の傷を受けとめられるようになり、視野が広がり、子どもとして抱いていた大きすぎる恐怖が小さくなっていきます。
いろんな角度から心の傷を安全な場所で繰り返し話すこと自体が、癒しにつながることを知りましょう。

『心の傷を癒すカウンセリング366日――今日一日のアファメーション』
西尾和美(にしお かずみ):著 講談社+α文庫 1998年
160ページより

広告