私は常にポジティブで



0019 2



私は常にポジティブで、時計の針のように一刻一刻、前に進まなければいけないと思っている。まるで何かに突き動かされているようで、後戻りすることは決してない。常に前を見て歩くのだ。そうするとネガティブに陥ってしまうことはない。(中略) 過去のこと、とくに嫌なことは片っ端から忘れること。でもお世話になった人のことは忘れてはいけない。つねに “Thank you” という言葉は忘れない。

『I can do it! 60歳なんて怖くない』
鈴木かつ子:著 ビジネス社 2007年
156〜157ページより

広告