本物の強さとは

0008 2
福井市の足羽川(あすわがわ)堤防の桜並木遠景

本物の(精神的な)強さとは、誰かや何かに、そうであることを声高に主張すべき必要など全くないものであり、自らの中に凛と静かにあれば、それでよいものなのです。

また、「強い」というのは、どんな物事にも負けない、ぶれずに居る、といった意味に理解されがちですが、
本当に大切なのは、究極の自己信頼であり、また、「倒れても、再び、起き上がることの出来る力」、です。

要は、どんなときも、神の子である自分を信じ、希望を持って、前向きに歩いてゆく、そういう姿勢、生き方こそが、強さの本質なのです。

広告