わたくしがご提示申し上げるべきものは、貴女の可能性と未来

a1380 000934今日は、わたくしにとって、3月の最大の山場。実は、4月からまた新しい派遣先さまにて就業させていただくことになったので、本日中にはサイトのリニューアル等、区切りをつけておきたいのです。そんなこともあり、今朝も、いつもの如く、朝はやーくから起きている父が立てる物音(あ、これは決して嫌みで言っているわけではありません。今日は特に「朝早く起こしてくれて」助かっている(笑))により、目が覚めて、すぐに、もう、こうして仕事モードに入っているのですが、昨日の仕事の続きに早速とりかかろう! と意気込んでおりましたところ、いつもながらの、うちなる声が、標題の言葉を語りかけてくれましたので (^^; 急遽優先順位を変更し、今、こうして、この記事を書いているところでございます(笑)
・・・
突然ですが、わたくしは、自らのサイキック・リーディングを「占い」だとは思っておりません。まぁ、ご利用者様にとっては、そこのところはどうでもいい、とおっしゃる話かもしれませんが。わたくしとしましては、サイキック・リーディングのセッションというのは、あくまでも霊能力がある者が、わかる範囲のことを、ひとつの可能性として、ご利用者様にご提示申し上げる場に過ぎない、そう思っております。それ以上でもそれ以下でもない。自らが感じとり、わかる範囲内のことを、ご利用者様にとっての、ひとつの参考資料としてご提示申し上げるだけ。あとは、それをどのようにご利用者様が有効に使ってゆかれるかは、誤解を恐れずに言えば、ご利用者様次第、なんですよね。
セッションのご利用規約にも書いておりますが、そうしてご提示申し上げる内容というのは、あくまでもその時点で、わたくしが感じ取ったこと、みさせていただいたこと、わかったこと、というものであり、それが100%真実とは言えない。それに、繰り返しになりますが、それはあくまでもその時点でのひとつの可能性、に過ぎないんです。それでも、霊能力を持つ者だからこそわかることがあり、お伝えすべきこともある。だから、そうした部分にメリットを感じて、ご利用者様はいらしてくださるのだと思います。
・・・
しかし、これまでの自らの経験も振りかえっても、所謂こうした「占い、或いは占い的なもの」というのを利用する際は、様々なことを知りたくなってしまうものなんですよね。特に若いお嬢さん方だと、どうしても恋愛やご結婚に関する話題の確率が高くなってしまう。まぁ、お若い頃というのは、恋愛が人生の全てみたいになってしまいがちなところも まま ありますし、そうした傾向はごくごく自然なことなのですが。
でも、わたくしが、今、おひとをみさせていただく立場の人間として申し上げることをお許しいただけるのであれば、例えば、お相手の方のお気持ちがどう、とか、そういったことより、ご本人様の未来の可能性――、たとえ、恋愛についてのご質問であったとしても、お相手の方がどうの、ではなく、ご本人様がどうしたいと思っていらっしゃるのか、そこのところを中心にみさせていただきたいと思っております。
そう、ご自分が主体的に関わってゆく人生、とでも申しましょうか。お相手や周囲の環境がどうのこうのではなく、大事なことは、ご本人様が具体的にどのような人生を志していらっしゃるか、そこのところが非常に大事になってくるわけです。
だって、大好きな彼とこの先うまくいかない未来が待っていたとして、それをお伝えするだなんて、それは非常に難しいこと、なんですもの (^^; お相手の方のお気持ちがどうのこうの、ではなく、そうした貴女にとっての大切な方もいらっしゃるけれど、そうした方のご存在はひとまず置いておいてですね(笑)、そうではなく、ご自分の人生をどのように創造してゆきたいと思っていらっしゃるのですか?、その本質の部分を追求してゆくほうが、ずっと楽しいですし、ずっと可能性も見えてくる。
どうしても今ある要素に限定されてしまうと、見えてくるものも見えてこないし、お伝えすることも限られてくるのですよね。お相手の方がどうのこうのではなく、ご自身がどのような人生を構築していきたいと願ってらっしゃるのか。
具体的には、どのようなところに住みたいとお考えなのか? 都会なのか、ほどよい田舎なのか? ご自分はご結婚をなさりたいのだとすれば、その後はお仕事を続けたいと思っていらっしゃるのか、それとも子育てに暫く専念したいと思っていらっしゃるのか? 貴女の人生は、どのような環境で、どういった方々と共に歩んでゆきたいと願っていらっしゃるのか?
等々、様々に――、たとえ、そこに今、恋愛対象としていらっしゃる方の影響がかかってくるのだとしても――、まず、何よりもご本人様がどう生きたいと願っていらっしゃるか、そこのところが非常に大事、なんです。
・・・
例えば、貴女が、本当はご自分でビジネスを立ち上げてゆきたい! と思っていらっしゃるのに、今、お付き合いなさっておられる大好きな彼が、小さな会社の跡取り息子さんで、そこのおうちは、お父さまとお母さまが二人三脚で個人事業主から立ち上げてこられた、非常に苦労を重ねて、今の会社を築かれたご家庭だとします。貴女は大好きな彼と結婚したいと強く望んでおられるし、彼にもそう伝えている。でも、彼となかなかその話がうまくゆかない。
なぜなら、彼が言うには、君の夢もわかるけれど、実際、自分の家に入って、そんなことが本当に出来るのか? 両親の苦労を見ていたら、夫婦二人三脚で必死にここまでやってきた、自分としては当然、妻となるひとには経理やなんやかや事務的なことを担当してほしいし、支えもしてほしい。それなのに、君も自分でビジネスを立ち上げてバリバリやってゆきたい? それは難しいんじゃないの?、てな具合に。
でも、彼のことを大好きな貴女は、愛があれば、なんとかなる! 自分も一生懸命頑張るし、会社のことは、外からひとを雇えばいいんじゃないの?、と思っておられる。でも、彼の立場としては、自営業のうちというのは、それこそ猫の手でも借りたいくらいのところがあって、これまでだって、散々父も母も苦労してきた。身内に人材が居るのに、敢えて外からひとを雇うだなんて、そんな無駄なことはしたくない、そもそもうちの家に本気で入ってくる気持ちがあるのか?、だなんて、そこらへんがどうもうまく噛み合わない。
こうなってくると、外の立場の人間としては、それはやっぱり難しいお話なのでは?、となってくるものですが、特に若い頃から長年親しくお付き合いしてきた方だったりすると、なかなか難しいのですよね、彼のことが大好きで、とおっしゃったりすると。
・・・
こういったケースの場合、ポイントとなってくるのは、貴女は、彼のおうちに入って、自らもその一員となって、必死でその家業を守り、盛り立ててゆく人生を選ぶ、そのご覚悟が本当におありなのかどうか、といったお話です。彼と共にどんな苦労も乗り越えてゆく、というご覚悟がおありなら、その道を選ばれたらよいのですし、そうではなく、やっぱり、どうしても自分でビジネスを立ち上げてバリバリやってゆきたい、それもそれなりに規模を大きくすることも考えていて、とにかく仕事が好き! というような場合は、やはり、彼とのご結婚は難しいでしょう。
たとえ、一時期、彼への思いが「高ぶりすぎて」、「その勢いでご結婚なさった」としても、いずれうまくいかなくなるのではないでしょうか? なぜなら、ご自分の中にある「本当の思い」というのは、どんなに上から重い、それこそ漬け物石のようなものを乗っけられても、必ず、いつかまたひょっこり顔を出すものだからです。まるで、もぐら叩きのゲームみたいに。自分の本当の思い、それだけは絶対裏切ることは出来ないのですよ。
たとえ、一時期、それを上回る感情の高ぶりがあって、無理矢理えいっ! と上から漬け物石を乗せて、「なかったこと」にしても、いつか、その本当の思いは、そのあまりの生命力に、上にあった漬け物石など、いとも簡単に動かしてしまい、いつの間にか、ひょっこり顔を出してくるものなんです。それくらい、自分の本当の思い、というのは、非常に強力なのですね。
っていうか、本当の思いを「なかったこと」にして、それをおざなりにすれば、後で必ず、その反動が来ます。例えば、病気になったり、なんらかのアクシデントが起こったり。人生というものは本当にうまく出来ていて、貴女が本来歩むべき道ではないものを選んだ場合、後で必ず修正がかかるのですね。どうしても自らの本質(魂の本質が語りかけてくるところのこと)からは逃れられない。でも、人間、どうしても、欲も、それなりの知性もありますから、自分の本質をちゃんと最初からまっすぐ見ることの出来るひとなんて、ごくごく少数、なんです。
・・・
ここまで、わたくしは、「貴女が本来歩むべき道、天から与えられた道」に通ずるキーワードとして、「貴女の本当の思い」、とか、「貴女の本質」、といった言葉を使ってまいりましたが、要は、おひとりおひとりの人生、やはり、本来歩まれるべき道、天から与えられた道、というのが必ずあるのですね。それがなかなか最初、若い頃は見えてこない。普通の方は、大抵。
人生、いろいろな経験を積んで、試行錯誤を重ねて、こっちの道を選んでは、ああ、違った、いやいや、そっちの道を選んでみたけれど、またうまくいかなかった、そんな具合で、あちこちにごっつんごっつんと頭をぶつけ続けて、で、やっと、ひとはだんだん自分というものがわかってくるのです。
たとえ、同じ会社の中でずっと働いていらっしゃったのだとしても、ご自身の中における働き方や仕事への向き合い方、というのは、そのうちだんだん自ずと変化してゆくものだとわたくしは思うのですよね。
例えば、若い頃はとにかく出世志向で「ぎらぎらして」いらして(笑)、周囲の方との衝突もいとわなかったのに、そのうち、現場でのリーダーとしてのお立場がだんだん長くなってゆく中で、現場に立つ者だからこそわかること、見えてくることに生き甲斐を感じ、若い方達を現場で育てあげてゆくことにが喜びを感じてゆかれる。
そうなってくると、もう、「もともと、目指していたはずの部長職」とかよりも、今の置かれた立場で、精一杯自らの本分を果たしてゆこうと思われるようになるとか。こんなふうに、ひとは生きてゆく中で、徐々に自らの立ち位置を見つけ、そこに生き甲斐を見いだしてゆくはず、なんです。
・・・
で、話は戻ってですね、わたくしのようなサイキックと申しましょうか、スピリチュアルな力を使って、ひとさまからご相談を承る立場の者としては、ご依頼者様の本質に光を当てて、そこから導き出される未来の可能性をご提示申し上げることが最大のお役目だとわたくしは思うのですね。
勿論、スピリチュアルなお話がお好きな方の中には、ご自身の過去世がどうの、とか、とても神秘的な部分についての話を聞きたい! とおっしゃる方もいらっしゃることでしょう。或いは、先ほども書きましたように、結婚や恋愛についてのご相談も多いことでしょう。勿論、そうした内容がダメだと言っているわけではございません。
でも、わたくしがみさせていただくべきは、その方本来の光に焦点を当てて、その方が最も幸せになれる、それはつまり、ご本人様の魂の本質にそって歩まれる道をゆかれること、なのですが、そこに繋がるヒントをご提示申し上げること、これからの未来について、新たな可能性をご提示申し上げることであり、それも、その方を取り巻く様々な要素にとらわれてしまうのではなく、その方が本来持っておられる光、お強さ、そうしたものをちゃんとみさせていただいてですね、そこにスポットライトを当てて、そこから導き出されることのことを、きちんとお伝えしてゆきましょう、と。
もしかしたら、そこにはご本人様も気づかれなかった可能性があるかもしれない。もしかしたら、今お付き合いなさっておられる大好きな彼との未来はないかもしれない、今とても力を注いで、愛しておられるお仕事とはまた別のお仕事への転職の道が見えてくるかもしれない。
でも、それがその方にとって、本当の幸福=その方が本来歩まれるべき道、へと繋がるのであれば、たとえ、いきなりそれをダイレクトにお伝えするのが難しくとも、それでも、やはり、そこに向かって歩んでいっていただけるよう、少しずつお導きさせていただくのが、わたくし達の本来のお役目であり、なすべきことではないのかなぁ?、とわたくしは思うのです。
・・・
人間、最初から「本来歩むべき道」に、すいーっと入ってゆけることなんてごくまれ、です。
例えば、女性芸能人の方を見ても、昔、わたくしが幼かった頃、80年代とかだったら、まずアイドル歌手としてデビューを果たし、ってなパターンが殆どでした。今はアイドルグループに入られたり、他には、グラビア系のお仕事から、芸能界に入ってこられる方もいらっしゃいますよね?
例えば、今をときめく、あの篠原涼子さん(わたくしの好きな女優さんのおひとりです)だって、昔はあるグループの一員に過ぎませんでした。でも、彼女は、そこから少しずつステップアップを重ねてゆかれて(中には、お笑い芸人さんに ばしばし しばかれるようなこともある バラエティ番組にもご出演なさって)、そうやって、徐々に、今の女優さんとしての地位を確立されてゆかれたのですね。
篠原さんから、また話題が変わりますが(^^; ――特に女性の間では賛否が別れましょうが、檀蜜さん、わたくしは、あの方は非常に戦略的にあのポジションを狙われたのだと思っておりまして、彼女のセルフプロデュース力というか、お仕事への向き合い方は非常にクレバーだと感じております。ま、それでも、あの方がこれまでやってこられたお仕事の中には、女性的にはびっくりするようなもの・ことも多いみたいですが (^^;
でも、わたくしは檀蜜さん、好きなんです。あの方は非常に賢い方だと思いますよ? ちゃんとご自分の中で戦略があって、ちゃんとご自分で理解して、プロとして、あのようなお仕事のあのようなお立場に徹していらっしゃる。そこがすごいなぁ、肝っ玉座っているなぁ、といつも感嘆しております。
・・・
で、結局、この記事で何が言いたかったか、と申しますと――、
ええっとですねぇ――(笑)、それは、どなたにも本来歩むべき道、その方にとっての魂の本質が生かされる道、輝く道というものが必ずあって、それはたとえサラリーマン、サラリーウーマンとしての人生の中でも、必ずそうしたお立場がある。
でも、最初からそこにたどり着ける方なんて早々いらっしゃらない。なぜなら、人生は様々な process を踏んで、言わば、頭をあちこちごっつんぶつけて、ああでもない、こうでもない、と、やっているうちに、だんだん、自分が歩むべき道、自分本来の立ち位置というものが見えてくるものだから。
ですので、わたくしのような立場の者は、そうしたものを見つけるためのお手伝いをさせていただきたい。恋愛相談や、その他の様々な、その方を取り巻く環境、要素についてのお悩み相談ではなく、そこを突き詰めて、その方本来がどのように人生を創造なさってゆかれたいとお考えなのか、そこに焦点を当てて、それを実現してゆくためのお手伝いをさせていただきたい。
お相手の方のお気持ちがどうの、ではなく、ご本人様が本当はどのように人生を歩んでゆきたいと願っておられるのか、そちらのほうがよほど大事であって、わたくしもそこに焦点を当てて、新たな未来の可能性をお客さまと共に探ってゆきたい、そういった内容のお話でございました。
・・・
ま、恋愛相談も、そのときの当事者にとっては、もう、それこそ、人生全てを揺るがすくらいの大問題、なんですけれどね (^^; わたくしは気をつけないと、もともと、どっぷり恋愛体質なので、そうしたお悩み相談をなさるお気持ちもすごくよくわかるんです。
お相手の方のお気持ちって、ほんと、ものすごく大事だし、もうそれ如何によっては、今後の人生が大きく左右されるように思えて仕方がない、そう思われる恋する乙女の皆様のお気持ち、わかりますよ。
でも、でも、なんです。本当に大事なのはそこじゃない。
だって、もし、お相手の方のお気持ち次第で貴女の人生が変わってしまうのだったら、そんなの、すごくおかしいと思われませんか?
・・・
誤解を恐れずに言えば、例えば、もう既にご結婚しておられるのだと仮定して、ご主人様のお気持ちが今は一時的に離れてしまっていて、ま、平たく言えば、浮気をしておられたのだとします。
でも、貴女は、何があってもわたしは一度決めたこのひととの縁を信じる、どこまでも彼と生きてゆくの!! というご覚悟がおありなら、そこはお相手の方のお気持ちうんぬん、ではないじゃありませんか?
何があっても、本当に嫌になるまでは、このひととやっていく!! というご覚悟がおありなら、ちょっとやそっとのことで離婚なんてしませんよね?
(あ、これは、決して浮気する旦那さんを多目に見ましょう、なんてことを言っているわけではありませんよ?)
でも、これまでの――、例えば、よく報道されてきたような、政治家さんの様々な色恋沙汰のスキャンダルだって、そんなことぐらいで、奥さまは簡単に離婚なんてなさらないわけです。
それほど、やっぱり妻の座って強いもの、なんですよ。(と、やっとこの歳になって、わかる(苦笑)) ま、今の若い方々は違うかもしれませんが……。
そう、ご主人様がどうの、ではなく、奥さまが、この家をちゃんと守っていく!! というご覚悟がおありなら、もう一度ちゃんとご主人様と向き合って、二人の関係を立て直してゆこうとなさるはず。ま、その価値もない旦那さんだったら、さっさとうちを出てゆかれるのでしょうがね。
・・・
――ちょっと、例えが極端過ぎました(?)が、要はそういうこと、だと思うのです。
旦那さん、ご主人様がどうのこうのではなく、ご自分が今のお相手との関係を続けたいと思っておられるかどうか、そこがポイントです。
だってそこがはっきりしていないと、どうにもこうにもなりませんもの。「えーっ、だってぇ、旦那の気持ち次第ですよぉ」だなんて、そんな悠長なことは言ってられない(笑)
勿論、ご主人様のお気持ちも大事です、大事ですけれど、その前に、貴女が二人の関係をどのようにしたいと思っておられるのか、そこがあって初めて、今後の未来も見えてくるもの。何事も自分が主体的に人生に関わる、という意識が大事なのです。
・・・
と、まぁ、あれこれ長々とお話ししてまいりましたが、申し上げたいことは二つ、自ら主体的に人生に関わってまいりましょう、ということです。そして、わたくしはサイキックとして、貴女が本当に輝ける道=魂の本質が導くところの道、を探すお手伝いをさせていただきますよ、ということですね。
最初からこの二つさえ申し上げれば、こんなに長くはならなかったのですが (^^; ま、そこらへんはお許しくださいませ。
では、では、せっかくの春です! 新たな可能性に目を向けて、元気よく前を向いてまいりましょうねぇ。全てがよきに流れますように。God bless you! :D

広告