夢が貴女を発見したなら、夢が貴女を決して離さないだろう



a1380 000152



タイトルの言葉は、多分前にどこかで読んだか、聞いたものとちゃうかな?、と思うてます(^^; これは、わたくしの大好きなジョエル師〔なぜかジョエル師は今年に入ってから、眼瞼下垂のためか(いや、多分、外見をよくするため??? でも、なんで? もともと、あんなにハンサムやのに!)、どうやら両目の整形手術的なものをなさったらしい。ある日突然目が変わってた! 大ファンのわたくしとしては、かなり激しく動揺しとります(ガクブル)(・。・; 〕がいつもおっしゃるところの、「神が “終わり” とおっしゃるまでは、決して “終わり” ではない」という言葉とどこかニュアンスが似てますやんか? ま、これらの言葉が言わんとしているのんは、「あんさん、勝手にあきらめたらあきませんで。あんさんは期待されておますのやで」っちゅうことなんでしょうが。要は人間のちっぽけな了見で、勝手に天が与えた夢をあきらめたらあかんで、ってことでごわす。所詮人間が感知出来ることなんてたかが知れてますもん。もっと大きなとこを見なさいや、ということなのでしょう。
言わば、「一度神様に見込まれたなら、神様はまるでストーカーの如く(って例えが悪すぎますが)、猛追しゃはりまっせ」ってことなんでしょう。一度あんさんを捕らえた夢は決してあんさんを離さへん、だから何があっても負けたらあきまへんで、お気張りやす、ということですな。
ほやけど、ほないこと言うても、ほな、にっちもさっちもいかんようになったら、うちらは一体どないすればよろしいのんか? そこが大事なことです。わたくしは、そないなことなったら、それはもう全部神様にお任せするしかないんとちゃいますか?、そう思てます。だって、にっちもさっちもいかんようになったら、もう、ほんま、人間のレベルではどうにも出来へんってことですやろ? ほういうときは、もう、「こうさ〜ん!!」言うて神様に丸投げ(笑)するしかあらしまへん。神様が「あんさんをその夢から離さへん!」てなことを言わはるんやったら、その責任は向こうさんに取ってもらわな。うちら人間だけでは、所詮限られたことしか出来ませんのやさかい。
ほれでも、いくら「神様に丸投げ」、言うても、最低限、せなあかんことは、せなあきませんで? ちゃんとまずはやるべきことをやってやな、それで向こうさんの出方を見ましょうや? ほうでないと、こちらも言いたいこと、言われしませんさかいにな。最低限の責任と義務は果たさなあきまへん。
神様はちゃんとそれなりの理由があって、あんさんに夢を託さはったんです。ほれなら受けて立つほうも「それなりの器」っちゅうもんを持たなあきまへん。そのためにも神様は手を変え品を変え、あんさんの魂磨きのために様々な試練を与えはります。そうしたもんは、まぁ、そりゃあ、きつぅてきつぅて、いくら強いおひとでも、かなり追い込まれはるんと違いますか? それでもやっぱり夢は最後の最後まであきらめたらあかんのですわ。神様があんさんを選ばはったんやから。神様が “終わり”、言わはるまでは、何をどう足掻いても “終わり” にはなりません。”終わり” にはしてくれはりません。そないなら、こちらも覚悟を決めて、この道をゆくまで。「断じて行えば鬼神も之を避く」、ですわ。そうした不屈の精神が備わったら、ちゃんと神様もまた道を開けてくれはりますからね。ま、何があってもあきらめんことです。わたしの場合は、もう、関西女の意地、ですわ。違うかな? (^-^;(苦笑)
ま、とにかく、ほんまは「ちゃんとうまくやってゆきたい」、いう気があるんやったら、あきらめんときましょう。人生はまだまだ続くのやし。角の向こうには何があるか分からへんでしょ? もしかして角の向こうにおるんは ぬらりひょん かもしれへん。ほやけど、気を強う持って行ったら、たとえ ぬらりひょん がおったとしても、気迫におされて逃げ帰るんとちゃうかな?(笑) ま、とにかく言いたいことは「気を強う持って」、いうことかな。
安心しとくれやす。あんさんは決してひとりとは違いますさかい。大丈夫。きっとあんじょう(うまく)いきます、て♪ 自分を信じて強うなりましょな? せっかくの春やし。心を明るく強う持って、前向きに、どど〜ん!! といったりましょう、どど~ん!!、と☆ (イメージとしては演歌歌手の中村美律子さんの「河内男節」♪)

広告