立志の春

春3月になりました。毎年、この季節になると、大学4回生になる前の春休み、卒論の前準備にと10日間訪れた沖縄のこと、そして、りんけんバンドの「ふなやれ」という歌のことを思い出します。
昨年の夏の終わり、わたくしは、次の春までにはなんとか事態を少しでもよくしたい!! と必死の思いでおりました。当時、わたくしは、そのために、どこか力を授けてくださる神社様にお参りに行きたいと切望しておりました。そんな折、突然、「くろたつ」というお名前が「入って」まいりまして。何事かと思い、調べましたら、福井市に「毛谷黒龍神社(けやくろたつじんじゃ)」様とおっしゃる神社様があり。それで、昨年の8月31日に、福井まで赴き、黒龍さんにお参りさせていただいてきたのでした。
以来、半年が過ぎ。思ったような成果があげられなかったこともあり、わたくしはひどく落ち込んでおりました。気ばかり焦るものの、これと言って事態は大きく動かず。少しずつ少しずつ、ことがよくなっていってはいるはずなのに、でも、相変わらずの現実が目の前にあって。そんなこともあり、エネルギーが著しく落ち込んでしまったのでしょう、2月の最終週にはインフルエンザまがいの、ひどい風邪を引いてしまいまして。そこに重ねて、精神的な打撃を被ってしまい、先週末などは本当に落ち込んでしまっておりました。これまで何度倒れても、その度に立ち上がってきたけれど、今度ばかりはもう本当に駄目かもしれない、そこまで思い詰めました。
けれど、3月に入り、少しずつ、物事が好転しつつあって。小さな幸せ、サプライズが徐々にやって来てくれています。それはまるで「大丈夫だよ、きっとうまくいくよ」「あきらめないでね。前を向いて頑張ろうね」って、運命が優しく語りかけてくれているようで。極めつきは、3月になってやっと「初詣」に伺った、彦根の千代神社(ちよじんじゃ)様で引いた御神籤が大吉で、よいことばかり書いてあったこと、でした。昨年一年間もとても良い年でしたから、そろそろまた次の厳しい運勢がやってくるのでは? とわたくしは思い込んでいたのです。それが思いがけなく、今年もまた千代神社様で大吉を引かせていただき。きっとこれは神様がわたくしにエールを送っていてくださるに違いない、そう理解したわたくしは一気にテンションMAXに(笑) それから、少しずつまた前を向き始めたのでした。
ずっと保留にしていたこと、勇気がなくて動けなかったことに、少しずつ取り組み始めています。そして、今日はまた晴れのよいお天気! 次の秋までにはなんとか夢を形にしたい、そのためには今一度黒龍さんにお参りにお伺いしよう、今一度きちんとご挨拶に伺って、御力をお貸しください、と、お願いに上がろう!、急きょそう思い立ち、決心が変わらぬうちに、そのまま電車に飛び乗りました。今、その車中です。
前々から、黒龍さんには月毎にお参りして、その度に思いを新たにし、少しでも早く札幌に移れるようにしたい、そう考えておりました。だけど、それも結局わたくしの意志の弱さゆえ、続けることが出来ませんでした。
だけど、本当に本当に今年こそは……!! という強い思いがあるから。だから、今日急きょ思い立って、もう一度心新たにスタートを切るために、まずは黒龍さんにお参りに伺ってまいります。
この春は海外から妹家族(全員ではありませんが)が帰国しますし、もういい加減、すっかりおじいさん・おばあさんになってしまった両親を見るにつけ、一日も早くうちを出て、出来る限りの恩返しをしなければ、と、つくづく思うのです。 目指す最終目的地は「まだ、そのさらに先」にあるけれど、とりあえず今のわたくしが目指すところは「国内なら、札幌」で間違いないはず。 当面夏までは暫くまだこちらにおりますが、夏以後、なんとか少しでも向こうへのご縁を繋げてゆけるよう、再び、今日から、心新たにスタートを切りたく思います。
どうぞ皆様も良い春をお迎えになりますように。ちなみに、本気で人生を暖かく豊かなものに変えたい!! と心底願われる方に、わたくしは上原愛加(うえはら あいか)さんの『ばら色の人生の扉がひらく7つの魔法』(学研パブリッシング 2012年)と、同じく愛加さんが最初に出された『世界一! 愛されて幸福(しあわせ)になる魔法のプリンセス レッスン』(学習研究社 2008年)のご本をおすすめいたします。わたくしは愛加さんがおっしゃるところのことを信じて、また頼みとして、これから秋までの日々を過ごしてゆくことに決めました。これから先、実際どんな風に人生がよくなってゆくのか、とてもワクワク楽しみです。
同じ生きるなら、夢への憧れを精一杯キラキラ輝かせて、まいにちを楽しく慈しみながら過ごしてまいりましょうね。皆様にもいつも神様の祝福とご加護とお導きがありますように。全てがよきに流れますように。愛と祈りをこめて。God bless you!!

0008 3
毛谷黒龍神社(けやくろたつじんじゃ)様ご正面
0006 1
ご本殿
0007 2
境内にある大きな黒龍様のお姿の絵
0009 2
さくらの名所でもある足羽川(あすわがわ)の向こうに市街地を望む
広告