動けば、力が湧いてくる

今日はいつものお仕事がお休みでしたので、久しぶりに遅くまでゆっくり寝た後、午後からつめたい北風が吹く中、またまた走ってまいりました。11月から12月にかけて、時々出る脚の硬直の症状があったときに走れなかった分の「ノルマ」がたまっておりますので、その分、今、せっせと走っているのです。午前中、うちにいたときは、晴れ間がのぞいておりましたので、窓を全開にして風を通し、「あれあれ? そんなに言うほど寒くはないねぇ♪」などとひとり思っていたのですが、うちを出た途端、北風がぴゅぅぅぅと吹いて、「なんや!? やっぱり寒いやないの!(>_<)」とあいなりました。でも、そんな寒さにもめげず、今日もトータル8km くらい、走り( & 時に一部歩き)をしてまいりました。
そんなこんなで、今のわたくしは、お休みの日も、居ても立ってもいられず、すぐに走りに出る、といった感じです。あくまでも自分のペース、ものすごーくスローすぎるほどの走りですが、でも、やっぱり走ると楽しいんですよね(^-^)/ 気持ちいいし。動くことで呼吸が活発になることもあってか、身体の中の空気がどんどん入れかわって、クリアーになってゆくような感じで♪ そして、今、煮詰まりそうになったときは、すぐに走る or それが出来ない場合は、なんらかの形で身体を動かすようにしています。
こんなふうに( まるで大袈裟かもしれませんが)「人生が変わった」こと、わたくし、本当によかったと思っています。もともと精神状態が不安定がちで、しょっちゅう何かある度に文字通り「動けなくなってしまっていた」頃に比べれば、たとえどんなに超スローでも、それなりにちゃんと外で走れる今のわたくしは、まるで夢みたいです。うつがひどいときは、何をするにも億劫、身なりを整えることすら放棄してしまいますから、もう走る以前の問題、なんですね。そうなってくると、ほんと、どんどん悪循環。以前、坂之上洋子さんが、ブログで、うつになりそうになったときは身体を動かすとよい、といったことを書いておられましたが、ほんと、そのとおりだとわたくしも思います。落ち込みそうになったら、とりあえず身体を動かす。何も大層なことをせずとも、ちょっと歩いてみるだけでも全然違います。これは、精神的に黒歴史だらけのわたくしが身をもっておすすめします。ほんと。全然違いますよ。
とはいえ、うつがひどいときは、もう、きっと、スピリチュアル的に見ても、まさにエネルギーが枯渇状態なのでしょうから、動くことなんて、ほんと無理、なんですけれどね。そういうときはただひたすら休むことが必要です。でも、そこまで「重症化していない」のなら、ある程度の精神の落ち込みは、運動や、あるいは、お歌を歌ったりすることで、随分やわらぐのではないか? と自らの経験からもそう思います。ま、こんなふうに言えるようになったのは、つい最近のこと、なんですけれどね。それくらい、走ることがわたくしの人生にもたらした変化は大きなものだったりするのでした。
自分で(曲がりなりにも)「自営の仕事」をしていると、いろいろと悩みは尽きません。それこそ、恋愛において、付き合い始めた当初3か月くらいは相手に夢中になってしまうのと同じで、自分の仕事にもうどっぷりつかってしまうし、それが「3か月どころではなく」、ずーっと続いてゆきますから、いろんな意味で、精神的にも肉体的にもエネルギーを使います。うまくいっているときはそれでよいのだろうけれど、うまくいかないときは、やはり、いろいろとぐるぐる悩んでしまって、ひとり悪循環にはまってしまいがち。そうなってくると、もう何も手も足も出なくなったりしてしまうことも。すると、当然、どんどん気力が失われてゆきますから、ますます落ち込む。無限の悪循環のループから逃れられなくなってしまう危険性もあります。
けれど、そうしたときは、まず何かとりあえずやってみる、どんなに小さなことでもいい、何か行動を起こすことが大事なんじゃないかなぁ、とわたくしは思います。もっとも、ここ数年のわたくしは本当にダメダメで、まるで動けていなかったんですけれどね。うまくゆかなかった、その精神的打撃が、自覚している以上にかなり深くひどく大きかったようで、かつてはそれこそ文字通り寝食惜しんで努力を重ねていたのに、まるで何も出来なくなってしまった、仕事以前の状態のときも正直ありました。
今でも、そうなってしまうときはあって、頭では頑張らなくちゃ!! って思って、気ばかり焦って、おたおた、おろおろとしてしまうのだけれど、その実、感情がついていかなくって、自ら定めたノルマをちゃんとこなせてゆけなかったりもします。けれど、不思議なもので、とりあえず動いてみると、案外、その後がすーっと続いてゆくんですよね。頭や心でああだこうだと、うにゃうにゃぐるぐる、やっているんじゃなくって、要は、つべこべ言わずにさっさと動け!(笑)ということ、なのでしょう。やっとそういうことが腑に落ちつつあります。頭や心でどうのこうのと考えたり、思い悩んでいるよりも、案外、「案ずるより産むが易し」で、とにかく動いてみる、やってみる、取り組んでみると、想像以上にうまくゆくこともあったりして。「何もせず、頭で考えているばかりで、行動を起こさないのは、何も出来ていないのと同じ」といった言葉もありますが、やはり、動いてなんぼ、なんですよね。今までの人生、わたくしはとにかく頭でああだこうだと考えてしまいがちだったので、これからはさっさと動けるようになりたいです。なんせ、もう人生、折り返し地点を過ぎてしまいましたからね。ああだこうだと悩んでいる、そんな暇はないのであります。
かと言って、なんでもかんでも思慮が足りないままで、闇雲に動け、ということではありませんよ。けれど、頭でうにうにぐるぐる考えているよりも、案外、まず、実際に何かやってみたほうがうまくゆく場合が多いのでは? ってお話です。それに、行動すれば、確実に力が湧いてくると思うのですよね。ま、精神的、または肉体的に不安定で、動いてみたら、余計に症状が悪化してしまう、といったケースもありえますので、全てが全て、そうだとは言い切れませんが。
それでも、可能な限り、実際に動いて、いろいろとたくさん経験して、いろんな感情をたくさん味わって、人生、貪欲に生きたいな、そう思います。頭でああだこうだとシミュレーションしているだけでは何もなりませんもの。人生、動いてなんぼ、です。そして、動けば、力も湧いてきます。貴重な限りある人生の時間です。悔いなきよう、精一杯生きてまいりましょうね。今日もお読みくださいましてありがとうございます。God bless you!

広告