人の心に巣食う偏見は

人の心に巣食う偏見は、言葉には表れなくても、表情や動作に表れやすいことも、ボブから教えられた。根強い偏見は隠し切れないものらしい。以来私は、表情や仕草などさまざまな徴候に注意するようになる。そして、最初の二〇分が勝負だということを学んだ。ここで心をつかむことができれば、あとは聞いてもらえる。否定的な表情や懐柔的な顔つきが消えて、マイナスがゼロになる。それでようやく、人並みのスタートが切れるのだ。

『私はこうして受付からCEOになった』
(原題 "Tough Choices: A Memoir" )
カーリー・フィオリーナ( Carly Fiorina ):著
村井章子(むらい あきこ):訳
ダイヤモンド社 2007年 60ページより

広告