それが彼らの人生なんだ

「ある少年がスーパーマーケットでタバコを買おうとして、身分証明書の提示を求められているところに居合わせたことがある。思わずわたしは、自分が肺癌(はいがん)と診断されたことを告げてやりたくなった。ある意味で人に尽くしたいとか、影響を与えたいとか――まあ言葉はなんでもかまわないが――そういう欲望は度が過ぎることがあるんだ。うるさいお節介になってしまうわけだ。わたしはつとめて出しゃばらないメイヴンになろうとしている。それが彼らの決意だということを憶えておいたほうがいいよ。それが彼らの人生なんだ」

『ティッピング・ポイント いかにして「小さな変化」が「大きな変化」を生み出すか』
(原題 "The Tipping Point: How Little Things Can Make a Big Difference" )
マルコム・グラッドウェル( Malcolm Gladwell ):著 高橋 啓(たかはし けい):訳
飛鳥新社 2000年 85ページより

広告