花は早く咲けば良いというものではありません

亡母の叔母に当たる女性は、結核で早死にしてしまったが、背のすらりと高い、非常な美人だった。多江子はその女性の子供の頃にそっくりだというのだ。
「でも、大人になるまで待てないわ。私、今すぐきれいになりたいの」
「花は早く咲けば良いというものではありません。大輪の美しい花を、出来るだけ長く咲かせることが大切なんですよ」
その言葉は、子供時代の多江子の心のお守りになった。

『月下上海(げっかしゃんはい)』
山口恵以子(やまぐち えいこ):著
文藝春秋 2013年 66ページより

広告