引き寄せの要

自分が今どういう状態にあるのか、たとえば喜びの状態なのか、希望に溢れる状態なのか、退屈の状態なのか、不満の状態なのか、心配の状態なのか、怒りの状態なのか見極めて、そのうえでもしネガティブに傾いているようなら、そこからできるだけいい気分になれる思考を探し、それを選択する。
この、自分の状態を観察するということと、そのうえでできる限りいい気分を保つということが、引き寄せの要なのです。

『自分を受け入れた瞬間、何かが起こる! 「引き寄せスパイラル」の法則』
奥平亜美衣(おくだいら あみい):著
大和出版(だいわしゅっぱん) 2014年 211ページより

※最初の方の「希望に溢れる」の「溢」の字は、原本では “さんずいへんに「益」の字” となっております。

広告